家事効率化ブログ

家事効率化ブログ

家事効率化&不妊治療

冷凍弁当で節約&時短!

 

冷凍弁当とは

私はお弁当を週末にまとめて作って,冷凍保存しています。

冷凍のまま職場に持っていき,レンジでチンして食べています。 

 

冷凍弁当のメリット

①平日の朝が楽

冷凍弁当にすると,毎朝お弁当を作る必要がないため,楽です。

平日の朝は,冷凍庫を開けて,お弁当を取り出すだけでOKです!

平日の朝は,バタバタしていて忙しいので,お弁当を作らなくてよくなるだけでも,だいぶ気が楽になりますよ。

 

②節約になる

冷凍弁当を作ると,コンビニ弁当や外食に比べて,食費が下がるので節約になります。

コンビニ弁当や外食で,1食あたり500円かかるとすると
1ヶ月あたりの昼食代は
500円×20日10,000円/月
になります。

一方,冷凍弁当を作れば
材料代はおおよそ1食あたり200円なので
200円×20日=4,000円/月
になります。

冷凍弁当にすると月々6,000円の節約になるのです。

1年で72,000円の節約です!

 

③栄養バランス

栄養バランスのとれた食事ができることも冷凍弁当の魅力です。

コンビニ弁当や外食だと,栄養が偏ってしまいがちですよね。

でも冷凍弁当なら,自分で食べるものを決められるので
野菜をたっぷりにしたり,カロリーが低いものを選んでダイエット食にしたり,自由自在です。

 

冷凍弁当の作り方

あくまで一例ですが,私の冷凍弁当の作り方を紹介します。

 

①弁当箱の準備

私はパイレックスのガラス製の保存容器を弁当箱として使っています。

こちらの保存容器は,

  • 冷凍OK
  • 電子レンジOK
  • オーブンOK
  • 食洗機OK

なので非常に使いやすいです。

 

密閉されるので,職場までの移動中に中身が漏れてくる心配もありません。

スヌーピーの柄もかわいくてお気に入りです^^

f:id:kodomozuki:20210723162349j:plain

 

カップの準備

スケーターのシリコンカップを愛用しています。

お弁当だけでなく,薬味や離乳食小分け保存にも使えます。

f:id:kodomozuki:20210723163128j:plain

 

 

③おかずをつめる

①のお弁当箱に,②のシリコンカップを使いながら,おかずをつめます。

こんな感じです。

※ニンジンはあらかじめ冷凍しておいたものを使用したので,白く霜がかかっています。

f:id:kodomozuki:20210723163217j:plain

 

週末にまとめて5~6個つくって,冷凍しておきます。

f:id:kodomozuki:20210723163538j:plain 

 

④おにぎりも冷凍

 おにぎりもラップに包んで冷凍しておきます。

 

⑤レンチンで食べる

 弁当箱とおにぎりを冷凍のまま職場にもっていき,レンチンして食べます。

 

継続するコツ:
あまりを冷凍保存

おかずがあまってしまったら,②のシリコンカップに入れて,冷凍保存しておきます。

そうすると,次回,お弁当におかずをつめるとき,

このシリコンカップをヒョイっとつかんで,お弁当箱の中に入れるだけでOKです。

f:id:kodomozuki:20210723163651j:plain

 

また,週末にまとめて作るだけでなく
夕食のあまりをシリコンカップに入れてちょこちょこ冷凍保存するのもオススメです。

そうすると,色々な種類のおかずが準備できるので
上手く組み合わせることで,同じおかずが連続してしまうことを避けられます。

 

まとめ

本記事では,冷凍弁当のメリットや作り方を紹介しました。

毎朝お弁当作りで大変な思いをしている方々の参考になればと思って書いてみました。

ではでは~^^

 

↓ ぽちっとしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村